ペットの気持ちを考えたお部屋でみんなも笑顔!幸せになるリフォームをしよう

ペットとともに暮らすためのペット目線のリフォーム法

ペットの匂いもリフォームで解決、風を感じる家

家の中の雰囲気の次に気になる部分を挙げると「匂い」があります。 食べ物の匂いやペットが一緒だとどうしても生活臭がしてしまいます。 最近の家はとくに機密性が高く窓もおしゃれになっています。 リフォームで生活の中の気になる匂いや風の通り道をプライバシーを守りながら解決します。

お互いの存在を尊重するリフォームとは

一緒に一つ屋根の下に暮らしながらお互いを干渉しない、かつ気配が感じられる家づくりは長年住んでいる家で今の環境を熟知していてもなかなか難しいものです。 リフォームでそれぞれのプライベートスペースをつくると居場所があるということは安全な環境が確保され心から安心できるのです。

ペットにも人にも心地よい家とは?

建物の条件が戸建て、マンションと違いはあっても家族の一員であるペットと一緒に過ごしたいと思っている人が多いと言います。
ペットは私たちにとって癒やしになり、側にいてくれるだけで心が和むものです。
私たちが「いい家」だと定義している家は、果たしてペットにとっても「いい家」になっているのでしょうか。
ペットに直接意見を聞くことができれば良いのですが、仕草や表情、日ごろの様子で気持ちを酌むしかありません。
リフォームを行う際にみんなが願うことは、安心して住める家です。
大人や子ども、ペットにやさしい、家族が笑顔で過ごせる環境と長く住む家だからみんなの健康を守る家を望みます。
では具体的に安心して住める家にするには、どのようなリフォームが必要なのでしょうか。
ペットと一緒に過ごすときの環境として抑えておきたいポイントをみていきましょう。

お部屋で過ごす一つめのポイントは床材選びです。
ペットが家の中で走り回っても滑らず止まりやすい床材は人の足腰にもやさしいのです。
滑らず傷になりにくい、お手入れがしやすい床材選びが大切です。

2つめは匂いです。
ペットは人間以上に嗅覚が優れています。
人間も匂いに敏感でその分慣れてしまうのも早いのですが、気になる匂いはかえってストレスになります。
匂いを気にせずに過ごせる珪藻土を練り込んだ壁や特殊な内装材でペットの気持ちも穏やかに、人もペットも匂いのストレスがなく過ごせます。

3つめのポイントは居心地の良い場所づくりです。
ペットも人もそれぞれのプライベートスペースがあると落ち着きます。お部屋の導線を考えた居場所づくりで心地よい空間にします。
3つのポイントを簡単にご紹介しましたが居心地のよいストレスのない家は長い目で見るとペットと家族の健康にもつながるのではないでしょうか。
さらに具体的なリフォーム方法についてご紹介いたします。

キーワードは安心、安全、快適さ、みんなの健康

周囲に気兼ねすることなく大切な家族であるペットと一緒に過ごしたい、ペットがのびのびと気持ちよく過ごせる家は人も穏やかに過ごせそうです。 ペットと人の生活スタイルに合わせたリフォームとはどのような内容でしょうか。 家をきれいに保つ工夫と音の対策についての一例をみてみましょう。